裸足少女
イントロダクションキャラクター紹介CG紹介内容紹介特典のご案内ダウンロード

Outline/ゲームの内容
日常シーンプレイヤーは剣道場の跡取り息子、高村 天馬(たかむら てんま)になって、幼なじみの3姉妹と、ムコ取り/ヨメ取りを賭けた十番勝負に挑みます。
そして、剣道の試合を重ねつつ、優しい長女、ツンデレさんな次女、小悪魔な三女と恋愛したり、Hなイタズラをされたりします。

選択画面 ゲーム中、プレイヤーは高村 天馬として、次々に起こるさまざまな事件や出来事を経験して進んでいきます。
また、あらゆる状況下で行動を選択します。選択肢の結果によって、その後の展開がいろいろと変化していきます。
選択肢の結果によって、自称“竹刀の精”の竹刀子さんと結ばれたり、3姉妹が天馬を奪い合ったりします。

Prank/Hなイタズラ
日常シーン毎朝、天馬は桐生院家の剣道場に向かい、そこで女の子と剣道勝負をします。

ヨメ取り/ムコ取りの賭けとは別に、天馬と女の子は「一番ごとに、負けたら相手の言うことを何でもひとつ聞く」という約束を交わします。
天馬が負けると、女の子は約束にかこつけて、天馬にHなイタズラをします。


選択画面天馬は女の子にHなイタズラをされて、「恥ずかしい! ‥‥でも、気持ちいいよぉ!」と本人の意に反して、快感を覚えてしまいます。
プレイヤーは、女の子との剣道勝負に負けて、天馬が女の子に攻められるHシーンを見て、楽しみます。

Hなイタズラをする際、椿・スズカ・美姫の各女の子は天馬に対して、次のように振る舞います。

・椿
椿は「お姉ちゃんの言うことを聞きなさい」というふうに、事あるごとに、お姉さんぶって、年下の天馬にやさしく言い聞かます。
また、時折、冗談めかしたことを言って、決して堅苦しい性格ではなく、お茶目なところもあることをかいま見せます。
セリフ例1:
【椿】
「お姉ちゃんにおちんちんをオモチャにされて、恥ずかしいでしょう? でも、恥ずかしいのに、こんなふうにおちんちんを大きくふくらませて、ビクビク震わせちゃって‥‥。もしかして、天馬くんは恥ずかしいと感じちゃう変態さんなんですか? もしそうなら、私、天馬くんのことを見損なっちゃいますよ? ‥‥うふふ、冗談です。お姉ちゃんにイタズラされて、恥ずかしそうにしながら、おちんちんからエッチなお汁をうれし泣きに漏らしている天馬くん、とってもかわいいです」
セリフ例2:
【椿】
「お姉ちゃんにエッチなイタズラをされて、天馬くんはとっても恥ずかしいですよね? でも、天馬くんは剣道勝負に負けたから、お姉ちゃんの言うことは何でも聞かなくちゃダメなんです。勝負の世界は非情なんですよ? くすくす」

・スズカ
スズカはツンデレさんで、本心では、大好きな天馬にHなことをシテあげたいにもかかわらず、素直にその想いを表現できず、「女の子にHなイタズラをされて、喜んじゃうなんて、ヘンタイね。天馬のこと、見損なったわ!」と罵りつつ、その実、嬉々として天馬に奉仕をします。
セリフ例1:
【スズカ】
「女の子にHなイタズラをされて、喜んじゃうなんて、ヘンタイね。天馬のこと、見損なったわ! ‥‥こんなヘンタイちんぽ、も、もっと恥ずかしいイタズラをして、懲らしめてあげるんだから!」
セリフ例2:
【スズカ】
「何、痛がっているのよ!? 天馬みたいな情けない男の子は普通なら女の子に見向きもされないんだから、私みたいな美少女にHなイタズラされてるだけでも、ありがたく思いなさい!」

・美姫
美姫は3姉妹の中で、一番ストレートに“Sっぽさ”を出すヒロインです。
常に冗談めかした口調で、天馬をからかい、イジメます。
セリフ例1:
【美姫】
「年下の女の子にこんなふうに一方的に、Hなイタズラされて悔しいでしょう? でも、剣道勝負に負けちゃう、弱ーいお兄ちゃんがいけないんだよ‥‥くすくすっ」
セリフ例2:
【美姫】
「剣道の弱いヘタレなお兄ちゃんは黙って、私の言うことを聞けばいいの。おちんちんを舐めさせて、妹のオナニーのお手伝いをしなさーい!」

どうして女の子が天馬に対してHなイタズラをするのかというと、
女の子は天馬のことが大好きで、天馬とHな行為をしたいのですが、そのことをストレートに言うのは恥ずかしいので、“Hなイタズラ”という建前を付けた上で、Hな行為に及びます。

裸足少女メインページ
Copyright ©裸足少女 All Rights Reserved.